アラカルト

岡本太郎の言葉

口頭試問に向け論文のチェックをしていますが、活字ばかりみていると頭がおかしくなってきます。来年度は、もう少しやり方を工夫したい。◆さて、信楽の続きです。街の至る所に「Ecarlate」と書かれた旗が立てられていました。これは「エカルラート」と読みますが、その意味はフランス語で「緋色」、つまり「スカーレット色」のことです。滋賀県観光大使でもある西川貴教さんが、朝ドラの中でフランス留学経験もをつ芸術家ジョージ富士川を演じることから、この言葉をキャッチコピーに使ったようです。家をリノベートしたグッズ販売ショップなども作られていて、頑張っている様子が窺えます。ドラマの中の「信作さん」が出てきそうです。また、様々なパンフレットなども作られていて、その中に岡本太郎さんの文章が紹介されていました。ジョージ富士川さんのモデルはもともと信楽と関わりのあった岡本太郎さんなのです。とくに印象に残ったのは、「見過ごされているようなものに、発見がある」というフレーズ。まさに、今の滋賀県そのものがそうだと思います。そこに、一時光を当てたのが白洲正子さんだったのかも知れません。

1.JPG
続きを読む>>
│-│-│2020/01/29(水) 01:58

アラカルト

前に進む

仕事帰りに運転していたら、横から来たクルマと目の前のバイクが接触し、バイクが転倒。バイクの運転手が起き上がれない状態になりました。クルマの運転手はオロオロしているので、すぐフォローに入りました。幸い、大きな怪我はなかったようで良かったのですが、傘を差すのも忘れて付き添っていたため、ずぶ濡れになってしまいました…。しかも、その後ジムで傘を盗まれるし…、今日はちょっと運がないです。◆さて、昨日の信楽の続きですが、街を歩いていたら「神山清子」さんの文字が目に入ってきました。マルタ陶喜さんというお店で、彼女の展示会がされていたため、入ってみました。販売所の2階の一角が展示即売室になっていて、落ち着いた雰囲気で作品をじっくり見ることができ、かなり長い時間この場所におりました。そこに置いてあった資料に彼女の思いがいろいろ書いてあったのですが、印象的だったのは、「前に進みはじめると、必ず引き戻す人が出てくる」とのこと。「それでも、なんとか前に進む力を持つことが大事」といったことが記されていて、なんか地域振興も同じだなぁと思った次第です。◆お店の敷地内には、「マルポタ舎」というとても素敵なカフェがあり(入口の狛犬は迫力満点ですが…中のインテリアは私好みでした)、そこでアップルパイを頂きました☆当然ですが、容器も素敵でしたし、窓際にさりげなく神山さんの作品にお花が生けてありました☆

1.JPG
続きを読む>>
│-│-│2020/01/27(月) 21:46

アラカルト

「スカーレット」展

昨日は土曜日でしたが1日仕事で、家に帰ったらそのまま寝てしまいました…。切れ目なく仕事があったので、疲れていたのでしょう。そういう時でも、無意識に寝間着には着替えている。服のまま寝るのが嫌なんです。◆今日は仕事もなかったので、ゆっくり寝たらだいぶ元気になりました☆気分転換にドライブしたかったので、信楽まで南郷から朝宮方面に抜ける道を通って行ってみました。道が広がっていてあっという間に到着。信楽伝統産業会館で行われている「スカーレット」展を見学してきました。ドラマではこれから焼き物の世界に入っていくので、没入感が半端ありませんでした。人もたくさん来られていましたが、ドラマが終わるとまた静かになるのでしょうねぇ。やっぱり大人が中心で、若い人や子どもの姿はほとんどありませんでした。地域PRの仕方についてもいろいろ考えさせられました。

0.JPG
続きを読む>>
│-│-│2020/01/26(日) 22:38

アラカルト

てっぺんとったるで

一般入試の関係でずっと地方会場に行っていました。ようやく終わったのですが、なんだか妙に眠たいです。結構緊張していたのでしょう、きっと。◆それはそうと、先日卒業生が仕事のついでに研究室に遊びに来てくれました☆京都の映像プロダクション「元気な事務所」という所に勤めています。もう6年になるそうです!ついこの間までブチブチ言っていたと思ったのに、早いなぁ。もう制作の中堅といったところでしょうか。いま一番力をいれて作っている番組がKBS京都の「てっぺんとったるで」だそう。いろんな分野で活躍している人を紹介する番組です。土曜日の夜10時から放送していますので、放送圏内の方でもしご関心がありましたら、ぜひ見てあげて下さい。

1.JPG
│-│-│2020/01/24(金) 21:38

アラカルト

キティタウン

昨日の夕方からまた偏頭痛が始まり、ちょっとつらかったです。なんだか年始から体調が安定しません。とくに不摂生はしていないんですが…。◆さて、多摩センターの続きですが、電車を降りてビックリだったのが、駅舎内至る所にサンリオキャラクターがいたこと。また、街全体にもキャラクターが描かれたサインやオブジェなどがあって、まさに「キティータウン」としての地域政策が進んでいることに関心をもちました。中心の通りには綺麗なイルミネーションが設置され、ピューロランドに行く道の店舗も明るく演出されたデザインが施されていました。ただ全体的に詰めが甘く、中途半端な設計だったので、今後こうした演出がどう展開していくのか気になりますし、一度きちんと調査したいと思いました。どうも2年くらい前から始めているようです。やっぱりどこの街も同じようなデザインでは面白くないですよね。◆明日から3日間出張ですので、しばらくアップができなくなります。

1.JPG
続きを読む>>
│-│-│2020/01/21(火) 21:55

page top