アラカルト

徳島の知られざる聖地:立岩神社

晴天のシルバーウィーク3日目とあって、京都の道路は大渋滞となっていました。こういう時期は裏道走行です。大学は今日から後期が始まり、ようやく普通の授業ができるようになりました。でもマスクしながら講義するので、途中で窒息しそうになります。通気性の良いマスクが欲しい。◆さて、昨日の徳島の続きです。上一宮大粟神社の次は、「立岩神社(たていわじんじゃ)」というところに参拝しました。神山町の幹線道路からそうとう奥に入ったところにあり、元山という山の山頂付近です。念のため道の駅の方に行き方を確認して、突入しました。行ってダメなら引き返します。未整備の細い道が延々と続いてはいましたが、舗装はされていたので想像していたよりはあっさり到着することができました。でも、ちょっとでも脱輪したら一巻の終わり的な感じでした。ここには恐らく徳島最大であろう磐座が鎮座しています。写真ではわかりにくいですが、大変立派なもので、ギョッとするレベルです。実際に見た印象では熊野のコトビキ岩と同レベルの神格だと思います。ただ、知名度はほとんどないに等しいです…。「神山町」の「神」はこの岩に降り立ったのでしょう、きっと。また、この岩の中央がぱっくり割れています。「天の岩戸」との表示があり、古事記に出てくる天の岩戸はこの場所との解説もありました。そう断定するのは少々難しいとは思いますが、古代信仰をそのまま今に伝えている貴重な場所であることは間違いありません。この岩の裂け目は産道でもありますから、生命が生み出される場所でもあり、死霊が戻る場所、再生する場所でもあると考えられます。祭神は「志那都比古神(しなつひこのかみ)」「志那都比売神(しなつひめのかみ)」(この二神は風の神)「弥都波女神(みつはめのかみ)」(水の神、水銀の神)の三神を祀っています。山神に関係する蛇神の記述もありますが、それが退治される伝承も見られます。つまり宗教改革によって古い神が退治されていくわけです。みつはめとは水銀のことで丹を意味します。有名な丹生都比売(にうつひめ)も同じです。徳島は中央構造線が真ん中を突っ切っていますので、丹=水銀がかつては沢山採掘さたのですが、取り過ぎていまはほとんど見つからないと思います。古代において丹は今でいうダイヤモンドのように貴重なものでした。私は神話に出てくる高天原は、山頂に近い場所であったのではないかと考えていますので、こうした元山や有名な剣山も高天原の一つだったと推理しています。しかも、この場所は山の上にもかかわらずすぐ脇に豊富な水量のある川を確認することができ、人が生活するには問題のない場所です。前に登った剣山も、山頂からちょっと下がったところに剣山御神水があり、想像するに縄文海進時代(超温暖化時代)には、こうした山の上での生活が盛んであったはずで、今後こうした高地における発掘成果などが期待されるところです。◆神山町の道の駅で美味しそうなクルミクッキーがあったので食べてみました。そぼろみたいな感じで美味しかったです☆

1.JPG
続きを読む>>
│-│-│2020/09/21(月) 22:23

アラカルト

徳島の古社:上一宮大粟神社

徳島2日目です。今日は前から行きたかった上一宮大粟神社(かみいちのみやおおあわじんじゃ)に参拝しました。徳島県の神山町にあり、大粟山という山の中腹にあります。かつて、聖武天皇の勅願所となった由緒ある古社です。以前、近くの道の駅に寄ったことがあったのですが、その時はこの神社の存在はまったく知りませんでした。その後、いろいろ徳島の歴史を調べているうちに、かなり重要な神社であることが分かってきました。阿波における一之宮といえば、鳴門の大麻比古神社なのですが、それ以外に以前このブログでも紹介した天石門別八倉比売神社があり、その他に徳島市内の一宮神社、そしてこの上一宮大粟神社があります。一説には、古くは上一宮大粟神社が阿波国一之宮であり、徳島市内の一宮神社はその下社(下一宮)として創建されたのとのことです。また、上一宮大粟神社は式内大社・天石門別八倉比売神社の論社の一つともなっていて、それぞれに関係性があるようなのです。神社の空間も非常に神秘的な雰囲気がありました。上一宮大粟神社の御祭神は大宜都比売命(オオゲツヒメノミコト)です。この神様は食物を司る女神で、伊勢神宮外宮にお祀りされている豊受大神(トヨウケノオオカミ)と同神とされます。『古事記』においては、阿波国の別名として大宜都比売の名前が初めて登場しますので、日本史上とても重要な神であり場所であるはずなのですが、ほとんど知られておりません。また説明書きも一切ありませんでした。阿波の歴史は意図的に隠されているとしか思えてならず、そうした断片を見つけていくことにとても関心があります。境内にはもう彼岸花が沢山咲いていました。今回は徳島だけでなく淡路島にも寄りましたので、またちょくちょくアップしていきたいと思います。

1.JPG
続きを読む>>
│-│-│2020/09/20(日) 22:12

アラカルト

晴天の徳島

4連休が始まりましたね。大学は21日から授業なので、我々は関係ないんですけど…。それにしても、思ったよりいい天気でした。◆今日は徳島のアウトクラスカーズさんへいつも一緒に行く方と訪問。最後の部品納入を行いました。変更予定のヘッドレストのサイズもピッタリだったので、一安心です。日々の納車でお忙しい中、ご対応頂いただきありがとうございました。なんとなく製作の方向性が見えてきた感じです。オートサロンに出品されたデモカーも鎮座しており、一段と光って見えました。◆夜はホテル近くのレストランで、徳島の地ビール(私が選んだのは「すだちビール」)とお肉料理を中心にいただきました☆夜風がちょっと肌寒い徳島の夜です。

1.JPG
続きを読む>>
│-│-│2020/09/19(土) 21:27

アラカルト

ジムニー旋風はいつまで続くのか

以前より気温は低くなってきたのですが、湿気があるためか時間帯によってはクーラーをつけたりしています。この時期、室温管理や服装を間違えてしまうと風邪をひいてしまうので、とくに気をつけたいですね。 ◆さて、趣味の話になりますが、この間カフェに置いてあった「GO OUT」というアウトドア関係の雑誌を見ていたら、キャンプに適した四輪自動車の特集が組まれていて、その中に徳島のアウトクラスカーズさんが見開きで特集されていました☆雑誌「デイトナ」をはじめ、最近いろんな媒体で取り上げられ、目にするようになりました。新型ジムニーが登場してからかなりお忙しい状況になっているかと思いますが、お体には気をつけてがんばって欲しいと思います。ネットなどを見ますと、ジムニーの納車は今でも1年以上とのこと。ジムニー旋風はいつまで続くのでしょうか。私のジムニーも早3年8ヶ月…。◆今日のお菓子は先日頂いた「くるみ」という和菓子。見た目がほんとにくるみそっくりで、中にも餡とくるみが入っていました☆ごちそうさまでした。

1.JPG
続きを読む>>
│-│-│2020/09/18(金) 22:50

アラカルト

一条寺のかぐや姫

菅義偉内閣の閣僚が決まりましたね。途中で放り出されてしまった国の運営をしっかり引き継いで欲しいと思います。新鮮味は薄いですが、空白を避けるという緊急対応的な意味で妥当だと考えます。ただ、今朝の日本経済新聞・閣僚20人の横顔欄を見る限り、文化的素養のある人は少なそうで残念です。映画、ボーカルといったキーワードしか引き出せません。むしろスポーツ系の人が多いような感じです。◆さて、一乗寺の最後になります。金福寺さんに寄った後、山門すぐ近くに小さな喫茶店がありました。山に登ったこともあり、汗だくで少し落ち着きたかったのですが、また甘いもの食べてしまいそうだったので一度スルーしました。ただ、10歩ぐらい歩いたところで、足が戻ってしまい入店…意思が弱い私。「かぐや姫」というお店。洗練はされていませんが、ホッとできる空間。聞くと、この場所で38年もお店をされているとのこと。正直、見た目は少し怖い感じの経営者の方だったんですが、とても気さくで優しいおばちゃんでした。お客は私一人でしたので、いろいろお話しました。ここでは、ぜんざいを頂きました。予想通りの味で美味しかった☆帰る時は角を曲がるところまで丁寧に見送って頂きました。窓ガラスに反射して写っていますね。ごちそうさまでした。また、機会があれば立ち寄りたいと思いました。

1.JPG
続きを読む>>
│-│-│2020/09/17(木) 20:40

page top