アラカルト

コロナ禍における確定申告の様子

雨模様の1日。入院等でバタバタしていたので、確定申告のことをすっかり忘れてしまい、3日前に突然思い出しました!今日は時間がとれたので、とりあえず資料を揃えて東山税務署へ急行。ここ数年、午前中は混んでいることが多いので、できるだけ午後に行くようにしています。ただ、送付資料をきちんと読んでいなかったこともあり、整理券が必要なことを知りませんでした…。これからの方はよく確認して下さいね。おそらく、感染対策の一環なのだと思います。その関係もあるのでしょうか、今年は税務署の駐車場が使えず近くのコインパークに駐車せざるを得ませんでした。この点も気をつけた方が良いでしょう。整理券はLINEでも申し込めるらしいのですが、私はスマホは持っていないのでこの寒い中、外の待合所で待たされました。中に入ったらまったく待ち時間はなく、作業を進めることができました。何のために外で待っていたのだろうか?。最近は非常勤の仕事を全部やめたので、雑収入はそれどなく大きなものとしては寄付金でした。昨年は、新型コロナによる困窮学生支援事業にかなりの寄付をしました。ですので、例年はお金を納めるのですが、今回はかなりの還付金がありました。指導員の方とパソコン入力をしながら、3つくらいのシステム課題を見つけましたが、この場で指摘しても困るだろうと思い、何もいいませんでした。最後にマイナンバーを入力するのですが、結構慌てて来たので番号を書いた紙を忘れたことに気がつきました。でも、番号がなくても申請自体はできました☆あぶない、あぶない。来年は気をつけよう。◆税務署に行く前に、五条通沿いの喫茶キャメルさんでランチ。ザ・昭和的な純喫茶。申告に行く際には利用するのを楽しみにしています。ここに来るとなんだか青春時代にタイムスリップします。店内で喫煙ができるためタバコの煙が届きますが、程よい距離があるのでそれほど気になりません。そういう点も含めて、全てが懐かしい雰囲気をもつお店です。それでも喫茶としては上品な部類かな。毎年、この時期は松江の県立大学に教えに行っていたので、いつも「喫茶MG」というお店を利用していました。所狭しと雑誌が置いてあり、あの雑然とした雰囲気が好きでした。また松江に行きたい。

1.JPG
続きを読む>>
│-│-│2021/02/26(金) 21:04

アラカルト

退院して1ヶ月が過ぎました

今日は朝から来客や学生との打ち合わせがあり、また公務がバラバラと降ってきたので、昼食もろくにとれないまま1日があっという間に過ぎた感じでした。なんだか来年度も忙しくなりそうです。が、もう無理はしません。◆ところで、大学のHPを見ていたら、先日4回生が作った京野菜レシピ集についての紹介がニューストピックにアップされていました☆簡潔に概要を伝えていただいており、とても有り難く思います。考えてみたら退院して早1ヶ月。取材を受けたのは職場復帰して2日目ですから、まだ体の不安がありました。学生がメチャ心配してくれて、「先生早く帰って休め!」っていろいろ作業を手伝ってくれたのが嬉しかった。ただ、マスクしながらの集合写真ってなんだか不思議。まぁ、仕方ないですが、これもいい思い出ですね。今はもうほとんど体を意識しなくなりましたが、まだ大きな動きや激しい動きは避けています。

【ニューストピック】
 京野菜を使った学生向けオリジナルレシピ集「もっと身近に京野菜」を発刊
 https://www.tachibana-u.ac.jp/news/2021/02/post-1062.html

1.jpg
│-│-│2021/02/25(木) 22:23

アラカルト

水の教え、水の力

昨日よりさらに冷えましたねぇ。今週はあまり気候がよろしくないようです。◆最近、頭の中が水のことでいっぱいです。今更ながら、自分が口にする飲み物について深く考えています。先日汲んできた水もあっという間になくなったので、今日また藤森神社の「不二の水」を汲みに行きました。ボトルも2つに。要領がわかってきたので、習慣化できそうです。水場の脇に立て札があり、そこに「水六訓」が書かれています。いろいろ教えられます。現代はほんとに水のありがたみや意味について考えもしなくなりましたね。ところで、水で思い出したのが俳優の藤岡弘、さんです。確か前に読んだ本で、彼が水にこだわっている旨の話を書いていたことを思い出し、ネットで調べてみました。なんと、その拘りようが半端ではなかったです。彼はいろいろ探して富士山方面の岩清水に行き着いたそうです。2カ月に1度、キャンピングカーに20リットルタンクを30個も積んで、自分で運転して汲みに行っているとのこと。それを何十年も続けているそうです。弟子に任せず、自分ですることに意味があると。やはり凄い方です。何十年もできるかわかりませんが、しばらく水の力を感じてみることにします。その前にお菓子やめないといけないかなぁ。◆境内にクラシックビートルが止まっていました。ため息が出るほど美しい。これ以上ない完成されたデザイン。65年もの長きにわたり生産され、その累計生産台数は2152万9464台という世界記録を持っています。不便な部分は多いのでしょうが、プロダクトというのはこの位の方が飽きずに長く楽しめるのだと思います。

1.JPG
続きを読む>>
│-│-│2021/02/24(水) 22:12

アラカルト

夢追人

急に冷え込んだせいか、なんだか体も重く感じます。祝日だったので、もうとくに何もせず家でゆっくり過ごしました。◆朝、日本経済新聞の朝刊を読んでいてビックリ!なんと尾上茂さんの記事がジムニー歴史館の写真とともに文化欄に取り上げられていました!尾上さんは神奈川県で古くからジムニー専門店「アピオ」を経営されてきた方です。早速切り抜き、永久保存へ。彼が1980年代にスズキサムライ(ジムニーの海外仕様)の逆輸入事業をしていなかったら、私はこれほどのめり込まなかったと思います。久しぶりに彼の著書『俺たちのパリダカ』(文芸社、2004年)を引っ張り出してみました。彼は世界一過酷といわれるダカールラリー(通称「パリダカ」)に9度出場し、3度完走をしています。そのエッセンスをまとめたもの。私はラリーとかに出たいとはまったく思いませんが、がんばっている人の応援はしたい。その後、自分で多くのモデルをレストアし、2年前に自宅に博物館まで作ってしまいます。どこまでも夢を追いかける方です。昔、サムライのサスペンションをお願いした時と、歴史館ができた頃に訪問した時の2回お会いしたことがあります。いつも側に素敵な奥様がおられました。こうやって新聞に取り上げられるということは、ジムニーもやっと「文化」として認識されたということなのでしょう。また、機会をみつけて歴史館詣でをしたいと思います。◆お昼は近くのレガーロさんで鹿肉のランチをいただきました。スイーツはモンブランタルトでした☆◆夕方にちょっと大きなお風呂でくつろぎたいと思い、伏見の力の湯さんへ。入浴して気がついたことがあります。先月の入院中はほとんど人と話さなかった関係か、実は退院してから声が枯れてしまい、普通に話すことが出来ずガラガラ声になっていました。この間、授業はなかったので人前で長く話す必要がなかったのは幸いでしたが、湯船で声を出してみたら、湿気が多かったこともあるのでしょうが、ほぼ普通の声に戻ってきたことを確認しました。個人差があるのかも知れませんが、声帯って意外と弱いのかも知れません。とても面白い発見でした。

1.JPG
続きを読む>>
│-│-│2021/02/23(火) 23:05

アラカルト

まちが音楽で溢れる1日となる

今日は風が強かったせいか、少し目がムズムズしました。花粉か黄砂でしょうか。明日からまた寒さが戻るようです。◆ところで、昨年は新型コロナの影響で中止になった滋賀県守山市のルシオールフェスティバルのチラシ第一弾が完成しています。5月30日(日)に決定。この日は、まちが音楽で溢れます。今年は市政50周年ということもあり、どうか中止にならないことを祈ります。守山市と関わって11年目。かなり大きな事業かつ定着してきたプロジェクトになったのはとても嬉しく思いますが、一方でやはりどうモチベーションを維持していくのかという問題はつきません。あと、どう新鮮味を出すのかというポイントも常に考える必要があるでしょう。◆話は変わりますが、今月延期して開催予定だった滋賀次世代文化芸術センターのフォーラムは結局中止となりました。三日月滋賀県知事の強い希望もあり、緊急事態宣言下での催しは開催しないとのことです。残念ではありますが、コロナ禍でのアートワークショップ事業についての知見については別途どこかで整理ができたらと思っています。

1.JPG
続きを読む>>
│-│-│2021/02/22(月) 22:10

page top